ユニティー式祈り(パート2)

by Manami on July 1, 2012

ユニティーチャーチでは、スピリチャルの成長のための”SEE”クラスがあります。(”SEE”とは、”Spiritual Education Enrichment”の略です。)毎月1度、5日間クラスがあります。(2時間授業)興味のあるクラスだけを自己成長のために取っていったり、“ライセンス、ユニティー、ティーチャー”の資格を取得する目的でクラスをとる場合もあります。私は気の向いた時、時間のある時に取っています。どのクラスもそうなのですが、取る事によって自分に気づく機会を与えてもらえるのでとても感謝しています。今月は、”Life of Prayer”と言うタイトルに興味を感じたので取りました。今月と先月の2回にわけて、このクラスの事をシェーアーしています。

今月は、ユニティー式5つのステップの祈りについて書いていきます。

1)心身共にリラックスできる環境をつくります。まず、一人になれる場所を見つけ、ゆったりとした音楽を流したり、キャンドルやお線香をたてたりするのもいい方法です。そして、ゆっくりと呼吸します。自分の呼吸がゆっくりと身体中に、流れるイメージをして下さい。自分の身体のポジションを整え、頭の中での独り言を静めてください。リラックスする事に、5分位要すると思います。慣れてくると、スムーズに心と身体をリラックスする事が出来ます。

2)自分の考えや思いに集中してください。ここでは、先月に書いたアファメーションを使います。『私は、こうです。』という断言する言葉を使って下さい。例え、それが本当でなくても、まるで本当であるかのように、言葉にしてください。例えば、何かに腹立たしくあまり良い感情じゃない思いがあるとします。腹立たしいという事を望んでいるのではなく、本当の気持ちは、心の平和を望んでいるということです。ですので、ここでは、『私の心は、安定しています。』、『私の心は、平和です』などの断言の言葉を繰り返し、言います。これは、余分になりますが、そうする事によって、今、自分にある、平和の数を数えていくプロセスができ、どれだけ自分に心の平和をもたらす事柄がある事を確認できます。また、素敵な家、彼を欲しいとします。物や人自体を望んでいるのではなく、それらをとうして、やってくる、心の安心であったり、喜びである事が私達の心のゴールなのだと信じています。

3)自分の本当に望んでいる事に集中する事が出来た後は、瞑想です。自分の望んでいる事は、あなたのスピリットが願っている事です。この3つの、プロセスで、ボディー、マインド、スピリチャルがひとつになります。ここで、静かに瞑想を行って下さい。

4)瞑想の後にくるのは、気づきです。これは、理論的な事とは全く違います。“目から鱗”のような、“これだ!”というあなたしか得られない認識です。この気づきをノートに書き留める事をお勧めします。

5)最後のステップは、感謝です。『神様、お守り頂きましてありがとうございます』という感謝の方法もいいのですが、『あ~、私の心はとても安定していて、何とも言えない喜び!』、など自分のポジティブな気持ちを表す事で感謝になります。『あの緑の木がとても美しい!』という表現は、自然に感謝を表している事になります。『このお豆腐、おいしーい!』と言う表現は、それを作ってくれた人に感謝している事に等しいのです。

この5つのステップが、ユニティー式の祈りです。前回と今回は、私が『Life of Prayer』のクラスで、習った事を紹介させてもらいました。このクラスの作文の宿題で、21日間祈りを行っていますが、私が大きく変わった事は、4番目の気づきです。結構、目隠しで暮らしていたなぁ~と感じています。

 

Unity Church of Hawaii

3608 Diamond Head Circle, Honolulu, Hawaii 96815

Phone (808) 735-4436  ●  Fax (808) 737-0890

Email info@unityhawaii.org

_______________________________________

月 ワークショップ、イベント

スケジュールをご覧になりたい方は、こちらへ

_______________________________________

スピリチャル、エデュケーション、エンリッチメンクラス。

SEE クラスの詳しい内容はこちらへ

ラブオファリング(無料またはお心づけ)

___________________________________________

過去の日曜サービスなどを、お聞きになりたい方,ビデオを

ご覧になりたい方こちらへ

 

 

 


 

 

Leave a Comment

Previous post: