無い, 無い, どうしよう!

โดยมานามิเมื่อวันที่ 4 มีนาคม 2012

私事で、大変申し訳ないのですが、2月中旬に自転車から落ちて、右足が道路と自転車のイスに挟まり、お尻を骨折し、ERへ行きそのまま入院し、手術となりました。3日間で退院をし、6週間は家で安静という事で、働く事ができなく、すっかりプータロウをしています。その間に、色んな本を読み、ユーチューブなどの元気になるビデオを見て、自分で自分を励ましている今日この頃です。この事故で、周りの人達や全く知らない赤の他人の心の温かさや親切さを改めて感じています。人間の親切さや思いやり以外にも、結構、良い勉強をさせてもらいました。

今まで、当然としてあるものが急に使えなくなったり、無くなったり、そばに、ずっといていてくれた人が、他界されたり、何らかの理由で急にいなくなったりすると、生活のバランスを崩してしまいます。だけれど、無いからこそ、産み出そうとするし、人間関係でも物でも何でもそうですが、欲しいからこそ努力をしてゲットしようとするクリエイティビティーのエンジンがかかります。今回の私の事故で、フィジカルセラピストやオキュペーショナルセラピストの人のお世話になったのですが、片足で階段を登る方法やお風呂のタブに入るのに、足があがらなく、足を上手に運ぶ方法を教えてもらいました。退院をし、家に戻り、困ったという場面が何度かあったのですが、家の中に物を見渡し、どうにかしてこれを使えないかと頭を働かせていました。また、自分の使える身体の一部をフル回転させ、足の指を起用に使いこなせるようになりました。不自由は、不自由でしたが、結構、やっていけるんやなぁ~~と感心していました。先程も書きましたが、元気を出させてくれる、苦労話などの本やユーチューブで感じた事ですが、悪知恵を使い、他人から何かを奪おうと思わない限り、普通の人は、お金がなければ、お金を稼ごうと思うし、健康がなければ、健康になる努力をするし、不幸な家庭環境で育った人は、幸福な家庭環境をめざすという努力を行います。成功者のストーリーの多くは、お金持ちや健康な人達からというより、ハンディーキャップや難しい環境で生まれ育った人達に多いようです。また、マザーテレサやブッタのように、何不自由なく育っている人達が、自ら貧乏や苦労を買って出る人達にサクセスストーリーがあるようです。私のこの事故は、サクセスストーリーにも及びませんが、時には、何かを無くす事によって、私達の隠れたクリエイティビティーやアイデアを発揮できるようです。無くすという言葉は、ネガティブな言葉に思いがちですが、ヨーイドン!頑張れ!の言葉と受け止めたいです。ちなみに、今月の写真は、ネムの木で、花言葉は創造性だそうです。

คริสตจักรความสามัคคีของฮาวาย

3608 Diamond Head วงกลมโฮโนลูลูฮาวาย 96815

โทรศัพท์ (808) 735-4436 โทรสาร● (808) 737-0890

อีเมล์ info@unityhawaii.org

_______________________________________

3 月ワークショップ,イベント

,スケジュールをご覧になりたい方はこちらへ

_______________________________________

スピリチャル,エデュケーション,エンリッチメントクラス

(ดูクラスの詳しい内容は, こちらへ )

ラブオファリング(無料またはお心づけ)

___________________________________________

, お聞きになりたい方, ビデオを過去の日曜サービスなどを

ご覧になりたい方こちらへ

แสดงความคิดเห็น

โพสต์ก่อนหน้านี้:

โพสต์ถัดไป: